プロフィール 
           Profile

高木 超(たかぎ・こすも)

・慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任助教
・国連大学サステイナビリティ高等研究所
 いしかわ・かなざわオペレーティングユニット リサーチ・アソシエイト

1986年東京都生まれ。NPO等を経て、2012 年から神奈川県大和市役所の職員として住民協働等を担当。17年9月に退職し、渡米。クレアモント評価センター・ニューヨークの研究生として「自治体における SDGs のローカライズ」に関する研究を行うほか、国連訓練調査研究所(UNITAR)とクレアモント大学院大学が共催する「SDGs と評価に関するリーダーシップ研修」を日本人で初めて修了。2019年4月から現職(国連大学は 2019年9月着任)。鎌倉市SDGs推進アドバイザー、亀岡市SDGsアドバイザー、能登SDGsラボ連携研究員のほか、ミレニアル世代を中心にSDGsの達成に向けて取り組む団体SDGs-SWYの共同代表も務める。著書に『SDGs ×自治体 実践ガイドブック 現場で活かせる知識と手法』(学芸出版社)『まちの未来を描く!自治体のSDGs』(学陽書房)。

© Cosmo Takagi All Rights Reserved.
     無断転載・引用等はお断りします

  • Twitter