profile.png

プロフィール 
      Profile

高木超 プロフィール

高木 超(たかぎ・こすも)

・慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任助教
・国連大学サステイナビリティ高等研究所
 いしかわ・かなざわオペレーティングユニット リサーチ・アソシエイト

1986年東京都生まれ。NPO等を経て、2012年から神奈川県大和市役所の職員として住民協働等を担当。その間、明治大学公共政策大学院を修了。17年9月に退職し、渡米。クレアモント評価センター・ニューヨークの研究生として「自治体における SDGs のローカライズ」に関する研究を行うほか、国連訓練調査研究所(UNITAR)とクレアモント大学院大学が共催する「SDGs と評価に関するリーダーシップ研修」を修了。19年4月から現職(国連大学は同年9月着任)。内閣府地域活性化伝道師、SDSN Japan Network Manager、鎌倉市SDGs推進アドバイザー、亀岡市参与(SDGsアドバイザー)、川崎市SDGs推進アドバイザー、能登SDGsラボ連携研究員、ヨコハマSDGsデザインセンター・アドバイザーを兼務。そのほか、ミレニアル世代・Z世代でSDGsを推進する団体「SDGs-SWY」を創設し、2021年3月まで共同代表。著書に『SDGs ×自治体 実践ガイドブック 現場で活かせる知識と手法』(学芸出版社)、『まちの未来を描く!自治体のSDGs』(学陽書房)、『SDGs×公民連携 先進地域に学ぶ課題解決のデザイン』(学芸出版社)など。日本評価学会認定評価士。

[そのほかの委員歴]

●現在

・東京都大田区 SDGs推進会議委員(副会長)

●過去

[2021年度]

 ・ジャパンSDGsアクション推進協議会事務局国際渉外担当ディレクター

​ ・亀岡市環境政策情報発信・交流拠点施設新築設計等業務委託事業者選定委員会委員

[2020年度]

 ・亀岡市SDGsアドバイザー※2021年度から同市参与